• HOME >
  • 九州産業大学ニュース >
  • ソフトバンクホークス経営スタッフからプロ球団経営を学ぶ

ソフトバンクホークス経営スタッフからプロ球団経営を学ぶ
2018年5月2日



 

 福岡ソフトバンクホークスの経営スタッフからプロスポーツの経営を学ぶ、九産大人間科学部スポーツ健康科学科の学部横断型授業「実践キャリア演習A」で、4月20日(金)、元投手で現在球団広報部に勤務する江尻慎太郎氏が授業を行いました。
 
 公開講座として一般の方にも開放したこの日、「プロ野球ビジネスの現状とホークスの取り組み」というテーマの授業で登壇した江尻氏は、同球団の営業部長・近藤公明氏とともに、「鷹の祭典」などのイベント展開や福岡以外での観客動員施策など、球団のマーケティング戦略について分かりやすく解説しました。

 

 次回の公開講座は、6月8日(金・13時00分〜14時30分)に開催し、「スペシャルイベントのマネジメント」について、同球団代表取締役専務 太田宏昭氏からお話を聞く予定です。

 

※公開講座のお申し込みはコチラ  

【人間科学部】

 


ページの先頭へ