• HOME >
  • 九州産業大学ニュース >
  • 生命科学部教授 「平成29年度逸見賞」受賞

生命科学部教授 「平成29年度逸見賞」受賞
2017年11月27日



 九産大生命科学部生命科学科中山素一教授の論文『Alicyclobacillus acidocaldarius およびその近縁菌の酸性飲料での増殖性評価』が、缶詰などの製造技術発展に寄与した研究や論文に与えられる「平成29年度逸見賞」を受賞し、11月16日(木)、表彰式が行われました。

 

 受賞した論文は、中山教授が昨年、当時在籍していた花王株式会社から発表したもので、スポーツドリンクやジュースなどから検出される好熱性好酸性菌(Alicyclobacillus acidocaldarius)とその近縁菌の増殖条件などを、増殖による香気成分の変化も含めて調べ、通常の加熱殺菌条件が有効でないこれらの菌に対する飲料製造上のリスク低減について研究したものです。
 

 中山教授は、授賞式で、「大変名誉な賞を受賞し、とても光栄です。この研究が食品・飲料業界の研究者の方々の参考になれば幸いですし、今後も業界の発展に貢献すべく精進していきます」と喜びを語りました。

 

ページの先頭へ