• HOME >
  • 九州産業大学ニュース >
  • 芸術学部学生 日本最大規模の映像コンテストで優秀賞

芸術学部学生 日本最大規模の映像コンテストで優秀賞
2017年5月16日



 

 5月6日(土)、日本最大規模の映像コンテスト「イメージフォーラム・フェスティバル2017」において、芸術学部デザイン学科4年生の浅尾鷹哉さん(ひびき高校)の作品「確かな気配」が、「主人公の孤独感を表現するために、モンタージュ映像(※)を的確に用いており、力強い印象を残す」と高い評価を受け、優秀賞に選ばれました。

 

 受賞作品の上映会は全国各地で開催され、6月2日(金)からの福岡会場(福岡市総合図書館)では、浅尾さんの作品は、6月3日(土)16時10分から上映予定です。ぜひご覧下さい。

 

 浅尾さんは、「たくさんの方に観ていただけたことが嬉しかったです。これからも自分の表現を追求していきたいです」と感想を話します。

 

 

→上映スケジュールはこちらから

 

※視点の異なる複数のカットを組み合わせて用いる技法

 

>>関連記事 芸術学部学生 イメージフォーラムのグランプリ候補に

ページの先頭へ