学部間・学外連携プロジェクト

KSUプロジェクト

情報通信技術を用いた安全運転教育システムの開発

情報科学部×基礎教育センター×㈱南福岡自動車学校×事故なき社会㈱

プロジェクト概要

情報通信技術を用いた安全運転教育システムとして、実車を用いた安全運転管理教育システムASSISTと安全運転教育用ドライビングシミュレータを開発しています。ASSISTは、情報通信技術によって運転行動を車載コンピュータで記録するとともに、遠隔地から実時間で運転行動を管理し、不安全な運転を行った場合は、即座に助言・警告ができます。安全運転教育用ドライビングシミュレータは、ゲーム等でも使われるコンピュータグラフィックスを用いて事故防止の理論に基づいた体験的な教育が可能です。自動車事故を減らすという実践的な社会貢献が可能なプロジェクトです。

期待できる学生のスキルアップ
  • ハードウェア、ソフトウェア両方の知識・技術を学べます。
  • 実際の車両に搭載することで実践的な開発能力が身につきます。
  • 最近話題のIoTや組み込みシステムの技術を体験できます。
  • ドライビングシミュレータ開発では、ゲーム開発の基礎も学べます。

担当:合志和晃 林政喜

KSUプロジェクト型教育一覧

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育

 

ページの先頭へ