学部間・学外連携プロジェクト

KSUプロジェクト

アラミド繊維材を用いた耐震補強工法の開発

工学部×㈱ブルーム

プロジェクト概要

いわゆる「旧耐震基準」で設計された鉄筋コンクリート造の建物を現在の耐震基準と同等の耐震性となるように補強する「耐震補強」の工法のひとつとして、防弾チョッキなどにも用いられる「アラミド繊維」でできたシートなどを用いる方法を企業と共に開発しています。研究室では、4年次生の卒業研究などの一環としてこのプロジェクトに取り組んでいます。

期待できる学生のスキルアップ
  • 建築構造に関する専門知識
  • コミュニケーション能力
  • 計画力・遂行力

KSUプロジェクト型教育一覧

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育

 

ページの先頭へ