学部間・学外連携プロジェクト

KSUプロジェクト

ANAMORPHOSIS~錯視による空間計画~

工学部×(公財)福岡市文化芸術振興財団

プロジェクト概要

このプロジェクトは、工学部住居・インテリア設計学科4年生・寺本湧哉さんが卒業設計課題として取り組みました。美術で歪像を表現するための描法で、対象の高さ・幅などの割合を異常に引き伸ばした画像や、凸面鏡・凹面鏡に映った像のようにゆがめられた映像の表現を、インテリアデザインに援用したこの作品は、福岡市文化芸術振興財団主催「福岡市民芸術祭」にも出展されました。また作品は日本インテリア学会卒業作品展への推薦出展作品に決定し、同学会大会(北九州)で披露される予定です。なお寺本さんは建築やインテリア分野から、グラフィックデザインの世界に進みます。

期待できる学生のスキルアップ
  • 学生が考えたこと・作ったもので地域社会の役に立つことを学生自身が実感できる研究。
  • 図面や模型で終わらない実体ある成果と社会的評価が伴う住居・インテリア学修。

KSUプロジェクト型教育一覧

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育

 

ページの先頭へ