学部間・学外連携プロジェクト

KSUプロジェクト

測量ワークショップ「世界最大の世界地図を描く」

工学部×(一社)日本建築学会×㈱学研ホールディングス×(公財)福岡県教育文化奨学財団×九州産業大学付属九州産業高等学校

プロジェクト概要

2016年は「大日本沿海輿地全図」を編纂した江戸時代の測量家・伊能忠敬が、1800年から1816年まで、17年をかけた日本全国の測量を完了してちょうど200年目にあたりました。これを記念して、測量ワークショップ「伊能忠敬のようなこと」~世界最大の世界地図を描く~を、日本建築学会大会(九州)関連行事として実践しました。初歩的な数学の知識が、建築をはじめ土木、都市計画等にも欠かせない測量技術に深く関連していることを理解させる、優れた教材開発・教育実践であると評価され、日本建築家協会ゴールデンキューブ賞特別賞(学校教育部門)を受賞しました。

期待できる学生のスキルアップ
  • 学生が考えたこと・作ったもので地域社会の役に立つことを学生自身が実感できる研究。
  • 図面や模型で終わらない実体ある成果と社会的評価が伴う住居・インテリア学修。

KSUプロジェクト型教育一覧

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育

 

ページの先頭へ