学部間・学外連携プロジェクト

KSUプロジェクト

赤間宿デジタルサイネージ

芸術学部×宗像市

プロジェクト概要

福岡県宗像市にある赤間宿の活性化を目的とした活動の一環として、赤間宿の魅力をPRするためのデジタルサイネージを制作しました。学生による現地取材からスタートし、デザイン学科の学生グループによる住民参加型ワークショップとのコラボレーションを経て、赤間宿の魅力を音とイラストで表現するデジタルサイネージを制作しました。この成果が天神イムズで公開されることを受け、センサーと透明スクリーンを用いたインタラクティブコンテンツも併せて制作しました。映像メディアを活用した地域活性化活動を通じて、社会貢献と学びの促進の両立を目指しています。

期待できる学生のスキルアップ
  • 実践的な活動を通して学ぶ「問題解決力」
  • グループ制作で身につける「チームワーク力」
  • 専門分野における「技術力」

担当:佐藤慈 青木幹太 井上友子 佐藤佳代 荒巻大樹 星野浩司

KSUプロジェクト型教育一覧

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育

 

ページの先頭へ