学部間・学外連携プロジェクト

KSUプロジェクト

デザインブラッシュアップセミナー~地域企業のデザイン支援~

芸術学部×福岡県工業技術センター×地域企業(5社)

プロジェクト概要

平成24年度より、福岡県工業技術センターと共同で福岡県内の企業を対象にデザインブラッシュアップセミナーを実施しています。このセミナーでは4月に応募した企業と面談し、それぞれのテーマを設定し、企業現場の取材から課題発見、課題解決のためのデザイン提案、試作、テスト販売までを活動の範囲としています。平成28年度は、有限会社ホルツマーケット、株式会社奥平、有限会社光延織物、株式会社和新工業、有限会社廣松突板の5社がセミナーに参加しました。このうち家具や雑貨等のDIYビジネスを展開する有限会社ホルツマーケットは、立位作業にも対応できるテーブル高さが900mmの「チョイ掛けハイデスク」、有限会社光延織物は伝統的な久留米織を染織工芸や女子学生の新鮮な視点からポンチョに展開し、「Pomodore e」ブランドとして市場に展開しています。有限会社廣松突板は、これも女子学生の目線から3枚の木製の皿を組合せて使う雑貨「あわせ」を提案し、平成28年度、福岡県が主催する第18回福岡デザインアワードで入賞しました。このほか株式会社奥平は、関東圏のマンションデベロッパーに高級マンションのウォークイン・クローゼットの新しい金具、株式会社和新工業は、工場内で使用する移動式工具収納庫のスタイリングデザインを提案し、それぞれ商品化の準備が進んでいます。このセミナーでは現場の企業の課題を、福岡県工業技術センターのメンバーと学生が協力して、課題解決を導く活動であり、参加した学生はデザイン実務を通して高い実践力を習得しています。

プロジェクト参加学生の声
渕上 春奈
芸術学部デザイン学科3年 福岡県・香住丘高校出身

「ケーキを食べる特別なお皿が欲しい!」という声から生まれた『あわせ』。商品化するまでに、用途を考えた純粋な「理想のかたち」と技術面や商品としての「現実のかたち」を擦り合わせることが難しく苦戦しましたが、協力してくださった有限会社廣松突板さんのおかげで素敵な商品が生まれました。ありがとうございました。

期待できる学生のスキルアップ
  • 商品企画や開発に必要なデザイン力
  • 対話力や交渉力
  • 計画したことを実行する能力(実行力)
  • 提示された課題を解決する能力(課題解決力)
  • 実践的なマーケティングの知識

担当:青木幹太 佐藤佳代

KSUプロジェクト型教育一覧

教育

研究

社会貢献

過去のKSUプロジェクト型教育

 

ページの先頭へ