• HOME >
  • 学生紹介

学生紹介

2016年3月22日

満足してもらえるものをつくって発信

商学部商学科2年
髙木 悠二朗さん (出身: 福岡県・朝倉東高校


 マーケティングや広告を学びたいと九産大商学部商学科を選んだ髙木さん。

 

 特に映像を使ったプロモーションに興味があり、産学官連携プロジェクトとして、約1年で「佐賀県」、「シルバー人材センター」の2本のPR映像を制作しました。制作した映像は現在、それぞれPRに活用されています。

 

 映像制作の経験がなく、分からないことだらけの中で、2本を並行して制作するのはとても大変だったと話します。

 

 髙木さんは「テレビ番組をたくさん見て、アングルやテロップの出し方などを研究しました。一生懸命つくったものがクライアントに満足いただけて良かったです」と振り返ります。

 

 口下手だったという髙木さんですが、制作する上で、たくさんの働く人をインタビューし、上手く話を引き出すにはどうすれば良いかを常に考えるようになったそうです。

 

 今後は、映像制作だけでなく、どのようにしたらたくさんの人に映像を見てもらえるのかを、大学で学び、企画したいと意気込みます。

 

 このプロジェクトを通じ、多くの社会人と関わったことで成長したと感じている髙木さんは、「自分だけが満足するのではなく、相手が満足するものをつくることが大事。座学だけでなく、理論を実践してカタチにする! そういった学びが九産大にあります」と語ります。

 

前へ 一覧 次へ

ページの先頭へ